文字サイズ

sagamihara culture foundation. 相模原市民文化財団

トピックス

【募  集】 かんじる学校 こどものための影絵ワークショップ ~みんなで きょじん「でいらぼっち」になってみよう~

 
日本各地で伝承される巨人伝説「だいだらぼっち」。
相模原では実在の沼地や、くぼ地に由来する伝承「でいらぼっち伝説」として伝わっています。
3年ぶりの「かんじる学校」は、講師に川村亘平斎さんをお迎えして開催。影絵にんぎょうを制作し、最後は生演奏にあわせて、おおきくなったり!ちいさくなったり!

ふしぎがいっぱい、影絵の世界で あそんでみませんか?

■ 詳細はこちら(チラシPDFダウンロード)

 
かんじる学校 こどものための影絵ワークショップ ~みんなで きょじん「でいらぼっち」になってみよう~
 
日 程   2023年 3月 21日(火・祝)10:00~16:00(9:30受付)

場 所   相模原市立博物館  地階 大会議室 <アクセス>

参加費   1,000円(材料費・保険料込/※要事前振込)

定員数   20名

対 象   小学1年~6年生

募集期間 1月15日(日)~2月20日(月)
※応募者多数の場合は抽選します。抽選結果は2/28(火)までに応募者全員にお知らせします。

応募方法  ①名前(ふりがな) ②学年 ③住所 ④電話番号 ⑤保護者の名前 をご明記の上、件名を「かんじる学校 申込み」としてメールにてご応募ください。
※1回のお申込みで、きょうだいの同時申込可。ただし、抽選となった場合はそれぞれのエントリーとなります。

お申込み   bunka-kids@hall-net.or.jp
※応募の際は、こちらのアドレスから受信できるように設定をお願いします。

※エラーになる場合は、上記のメールアドレスに直接ご応募ください。
 
お問合せ (公財)相模原市民文化財団 TEL:042-749-2207 
 
講 師  川村 亘平斎(かわむら こうへいさい)/影絵師・音楽家
インドネシア共和国・バリ島で影絵人形芝居「ワヤン・クリット」と伝統打楽器「ガムラン」を学ぶ。世界各国で影絵と音楽のパフォーマンスを発表し、影絵演出のほか映画・CMへの楽曲提供など幅広く活動。また、日本各地でフィールドワークやワークショップを通じて、土地に残る物語を影絵作品として再生させる活動に取り組む。ガムランを使った音楽ユニット「滞空時間」主宰。第27回五島記念文化賞美術新人賞受賞(2016)。https://www.kawamurakoheysai.com/  
 
演 奏  小林 武文(こばやし たけふみ)/打楽器奏者・音楽家
大友良英スペシャルビッグバンド、sardine head、ludus tonalis等のユニットで活動中。2013年、NHK朝ドラ「あまちゃん」劇伴「あまちゃんスペシャルビッグバンド」に参加。2019年、大河ドラマ「いだてん」では劇伴演奏および出演。近年は各地の小学校、ホール、美術館等で打楽器を使用した様々なワークショップにも取り組んでいる。https://kobayashitakefumi.com/
 
ライン2
主催:公益財団法人相模原市民文化財団
共催:相模原市教育委員会(相模原市立博物館)