杜のホールはしもと

文字サイズ

1時間でクラシックの名曲を

交響曲第9番「新世界より」(ドヴォルザークによるピアノ連弾版)ピアノデュオ中井恒仁&武田美和子

information

中井恒仁&武田美和子ピアノデュオ Pianoduo Miwako Takeda & Nobuhito Nakai

日本で唯一、世界でも大変稀な、それぞれのソロとデュオ両部門で「国際音楽コンクール世界連盟WFIMC」加盟のコンクールで入賞しているピアノデュオ。夫妻で共に東京藝術大学、ミュンヘン音楽大学大学院修了後、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学にて研鑽を積む。ピアノデュオをA.コンタルスキー氏に師事。1999年にデュオを結成し、同年「マレー・ドラノフ国際2台ピアノコンクール(USA)」入賞後、アメリカでの3日連続リサイタルを皮切りに本格的なデュオ活動もスタートさせる。日本でも全国各地で多くのピアノデュオリサイタルを行い「日本が誇る真のデュオであり英駿の音楽家である」「とにかく驚いた!こんなに聴き手を惹き込むデュオはそういない」「今、もっとも活躍している夫婦のデュオ。デュオのみならずソロ活動においても高い水準を誇る」など高い評価を得ている。5枚のデュオCDをリリース。「新世界より&スラヴ舞曲集」と「ファンタジー」両盤はレコード芸術誌特選盤に選出され、全日空国際線オーディオ番組でも放送される。NHK-BSテレビ「名曲探偵アマデウス」「ぴあのピア」、FM「名曲リサイタル」に出演、音楽誌「ショパン」の連載やピアノデュオ特集では表紙を飾る。近年では、フランスの音楽祭出演、ドイツやイギリスでも多くのリサイタルを行い、「ナイトの称号を与えるべき音楽芸術」と最高級の言葉で新聞紙上にて絶賛されている。また、フランスのMusicAlp国際音楽アカデミーや韓国のJirisan国際音楽フェスティバルに指導と演奏で招聘される。久留島武彦文化賞受賞。ともにフコク生命パートナーアーティスト。


http://nakai-takeda.com/

公演日
  • 2018年10月11日 (木)
時 間 19:00開演  18:30開場
会 場 ホール
内 容 ~ピアノ連弾で聴く交響曲「新世界より」~
誰もが一度は耳にしたことのある名曲を、1時間で気軽にお聴きいただくコンサート。
今回は、クラシック音楽の中でも人気の高いドヴォルザークの交響曲「新世界より」を、
作曲者自身によるピアノ連弾版でお届けします。
ピアノ1台から紡ぎだされるオーケストラの迫力や、様々な楽器の音色、
そしてドヴォルザーク自身が大切にした表現やメロディーをお楽しみください。

【曲目】
ブラームス:ハンガリー舞曲 第6番 変ニ長調
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 op.95「新世界より」
(ドヴォルザーク自身によるピアノ連弾版)
チケット情報

一般発売

6月24日(日)

全席指定 2,000円
チケット購入
その他 小学生~
お問い合わせ 杜のホールはしもと 042-775-3811