相模女子大学グリーンホール

文字サイズ

横坂 源 チェロ・リサイタル

information

はじまりのバッハ、はじまりの一歩。

横坂源の音色は、まわりを包み込むようにしなやかで、あたたかい。しかし、その心には大きな炎を持っている。ひとたびチェロを奏でれば、横坂の心の炎は赤々と燃え上がり、不思議なことに、いつの間にかその炎は私たちのなかにも灯る。そして、私たちは、柔らかなチェロの音色に潜む彼の炎の熱さを知るのだ。
2014年以来の再登場となる今回は、J.S.バッハが心から愛したヴィオラ・ダ・ガンバのために書かれた作品を冒頭に据える。難関ミュンヘン国際コンクールで第2位獲得以来、着実にその才能を開花させてきた横坂が、幾多のチェリストによって繰り返し弾かれてきたこの名作に挑む意味。それは、チェリスト・横坂源が新たな風景に出会うためのはじまりに他ならない。
プログラムは、ベートーヴェン、ドヴォルザーク、そしてショパンが遺した最後の室内楽曲にして大作《チェロ・ソナタ》がつづく。チェロに託された超絶技巧のみならず、ピアノの詩人がピアノの表現力を最大限に深化したこの作品を、20世紀最大の作曲家メシアンの愛弟子である巨匠・藤井一興との共演という挑戦も伴う、大きな一歩だ。
今、まさに踏み出す。はじまりの一歩を。


【プロフィール】

◎チェロ/横坂源
桐朋学園女子高等学校、同ソリストディプロマ・コースを経て、シュトゥットガルト国立音楽大学、フライブルク国立音楽大学で研鑚を積む。
2002年に全日本ビバホール・チェロコンクール最年少優勝受賞をはじめ、05年に出光音楽賞、08年に齋藤秀雄メモリアル基金賞、10年にミュンヘン国際音楽コンクール第2位、12年にホテルオークラ音楽賞受賞。室内楽部門では、09年に全ドイツ学生音楽コンクールで第1位受賞。
99年、13歳で東京交響楽団とサン=サーンスのチェロ協奏曲を共演したのを皮切りに、国内外の主要オーケストラと多数共演。室内楽奏者としても、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、東京・春・音楽祭、武生国際音楽祭など出演多数。鷲尾勝郎、毛利伯郎、ジャン=ギアン・ケラスの各氏に師事。
サントリーホールディングス株式会社所有の1710年 Pietro Giacomo Rogeri 制作のチェロを貸与されている。

◎ピアノ/藤井一興
東京芸術大学3年に在学中、フランス政府給費留学生としてフランスに渡りパリ国立高等音楽院を作曲科、ピアノ伴奏科共に1等賞で卒業。
また、パリ・エコール・ノルマルでピアノ科を高等演奏家資格第1位で卒業。その間、作曲をオリヴィエ・メシアン、ピアノをイヴォンヌ・ロリオ、マリア・クルチオに、また、ピアノ伴奏をアンリエット・ピュイグ=ロジェの各氏に師事。
1976年以来入賞した国際ピアノ・コンクールの数は十以上にも及ぶ。ヨーロッパ各地や日本国内でのソロ・リサイタルや室内楽、オーケストラとの協奏曲のほか、フランス国営放送局をはじめとするヨーロッパ各地の放送局や日本のNHKでの多くの録音・録画など幅広い活動を行っている。
作曲家としてもフランス文化省から委嘱をうけるほか、多くの作品が国際フェスティヴァルなどで演奏・録音されている。

公演日
  • 2016年9月22日 (木)
時 間 14:00開演  13:30開場
会 場 大ホール 座席表はこちら
内 容 【出演】
チェロ/横坂 源
ピアノ/藤井一興


【プログラム】
J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ 第3番 ト短調 BWV1029
ベートーヴェン:チェロ・ソナタ 第1番 ヘ長調 作品5-1
ドヴォルザーク:森の静けさ 作品68-5 B.173
ドヴォルザーク:ロンド ト短調 作品94 B.171
ショパン: チェロ・ソナタ ト短調 作品 65
チケット情報

一般発売 当日券

全席指定3,000円   
ペア席5,500円
学生(25歳以下)1,000円   
シルバー(60歳以上)2,500円


※ペア席、学生(25歳以下)、シルバー(60歳以上)は、チケットMove、
チケットムーヴ.netでの予約及び相模女子大学グリーンホール、
杜のホールはしもと、相模原市民会館の各チケット・カウンターのみ取扱い。
チケット購入
その他 6才 託児OK

託児サービスの詳細はこちら

お問い合わせ 相模女子大学グリーンホール 042-749-2200