相模女子大学グリーンホール

文字サイズ

演奏会の聴きどころや曲目を解説するプレトーク(14:00~14:15)があります

日本フィルハーモニー交響楽団 第14回相模原定期演奏会

information

◆井上道義
946年東京生まれ。桐朋学園大学卒業。ニュージーランド国立交響楽団首席客演指揮者、新日本フィル音楽監督、京都市響音楽監督、大阪フィル首席指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督を歴任。2014年4月、病に倒れるが同年10月に復帰を遂げる。2017年、大阪国際フェスティバルにて「バーンスタイン:ミサ」を自身23年ぶりに総監督(演出兼任)として率い、壮大で唯一無二な舞台を作り上げたと各方面にて非常に高い評価を受けた。2016年「渡邊暁雄基金特別賞」、「東燃ゼネラル音楽賞」、2018年「大阪文化賞」「大阪文化祭賞」「音楽クリティック・クラブ賞」を受賞。2018年9月、日越外交関係樹立45周年記念NHK交響楽団ベトナムツアーを指揮し各方面より絶賛されている。オーケストラ・アンサンブル金沢桂冠指揮者。自宅にアヒルを飼って、いる。
オフィシャルサイト http://www.michiyoshi-inoue.com/

◆ピアノ:アリス=紗良・オット
ドイツと日本の血を引くアリス=紗良・オットは、これまでに、マゼール、ドゥダメル、パーヴォ・ヤルヴィ、ノセダ、テミルカーノフ、アシュケナージの世界の名指揮者たちと、オーケストラでは、ロサンゼルス・フィルハーモニック、ロンドン交響楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン放送交響楽団、ウィーン交響楽団、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団などの世界の名門オーケストラと共演を重ねている。2018年に「ドイツ・グラモフォン」メジャー・デビューから10周年を迎え、ニュー・アルバム「ナイトフォール」が全世界で発売された。日本公演を皮切りに、パリ、ウィーン、ミュンヘン、ロンドン等の都市でリサイタルを行っている。ピアニストとしての活動の他にも、クリエイティブな才能を発揮して世界の様々なブランドと強力な関係を築いている。

公演日
  • 2019年9月29日 (日)
時 間 14:30開演  13:45開場
会 場 大ホール 座席表はこちら
内 容 伊福部昭:《日本組曲》より「盆踊」「演伶」「佞武多」
井上道義:メモリー・コンクリート
リスト:死の舞踏
リスト:ハンガリー狂詩曲 第2番(管弦楽版)

※出演者・曲目等は変更になる場合があります。
チケット情報 チケットMOVE先行発売

【定期セット券のみ】1月19日(土)

【全席種・窓口販売あり】1月26日(土)

全席指定 S席5,500円 A席4,400円
定期セット券(第13回・第14回) S席9,500円 A席7,300円
車椅子席 1回券4,400円 定期セット券7,300円
※学生(25歳以下)は、各席種の半額
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

日本フィル・サービスセンター 
TEL:03-5378-5911(平日10:00~17:00)
日本フィルeチケット♪(座席選択可)http://www.japanphil.or.jp
チケット購入
その他 小学生 託児OK

託児サービスの詳細はこちら

お問い合わせ 相模女子大学グリーンホール 042-749-2200