相模女子大学グリーンホール

文字サイズ

午後のうるおいコンサート

加藤昌則&大萩康司デュオ・コンサート~吟遊ギター、ピアノとうたう古今の調べ

information

午後のひとときに、気軽に音楽をお愉しみいただけるシリーズ「午後のうるおいコンサート」。
作曲家・加藤昌則によるレクチャー・コンサートの第3弾は、シリーズ初の「ギター」が登場します。
今回は、日本クラシック・ギター界の次世代を担う大萩康司をゲストに迎え、加藤昌則の楽しいレクチャーとともに《アルハンブラの想い出》《アランフェス協奏曲》をはじめとするギターの名曲を大解剖します!

★加藤昌則(ピアノ)★
作曲家・ピアニスト。東京芸術大学作曲科首席卒業、同大学大学院修了。05年《スロヴァキアン・ラプソディ~サクソフォンとオーケストラのための~》はスロヴァキア・フィル東京サントリーホール公演で初演、09年ブラティスラヴァで再演、世界的サックス奏者須川展也のCDにも収録(金聖響指揮、東京交響楽団)。06年オペラ《ヤマタノオロチ》、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の委嘱作品《刻の里標石(ときのマイルストーン)》、12年『福島復興・復活オペラプロジェクト』作品《白虎》(第11回佐川吉男音楽賞受賞)、13年管弦楽曲《Legends in the Sky》、14年連作歌曲《二本の木》、15年《地球をつつむ歌声》(15年NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)はじめ、作品はオペラ、管弦楽、声楽、合唱曲など幅広く、作品に新しい息吹を吹き込む創意あふれる編曲にも定評がある。NHK-FM等での作品の放送終了後、リスナーからの問い合わせが多数寄せられるなど、いわゆる「現代音楽」とは全く異なる視点で書かれた、美しく斬新な抒情性に満ちた作品は、多くの愛好者を持ち、次代を担う作曲家として注目を集めている。須川展也、村治佳織、宮本益光はじめ多くのソリストに楽曲提供をしており、共演ピアニストとしても評価が高い。独自の視点、切り口で企画する公演や講座などのプロデュース力にも注目を集めている。16年4月よりNHK-FM新番組「鍵盤のつばさ」パーソナリティーを担当。
オフィシャル・ホームページ http://www.masanori-music.com/

★大萩康司(ギター)★
高校卒業後に渡仏し、パリのエコール・ノルマル音楽院、パリ国立高等音楽院で学ぶ。ギター国際コンクールとして世界最高峰とされるハバナ国際ギター・コンクール第2位、合わせて審査員特別賞受賞。その後キジアーナ音楽院でオスカー・ギリアに師事し、4年連続最優秀ディプロマを取得。これまでにモスクワのチャイコフスキー・ホールで開催されたギター・ヴィルトゥオーゾ・フェスティバル、台湾国際ギターフェスティバル、コロンビアで開催されたコンペンサール・ギターフェスティバル、日本・キューバ国交400年記念事業として行われたハバナ市のホセ・マルティ劇場での公演にソリストとして参加。
2015年にはセイジ・オザワ松本フェスティバルにおいて、サイトウ・キネン・オーケストラとしてベルリオーズのオペラ《ベアトリスとベネディクト》を演奏。また、Hakuju Hallで3年に渡って行ったセルフプロデュース『ギターと声』では、カステル・ヌオーヴォ=テデスコ《プラテーロとわたし》全曲演奏(2016)や、権代敦彦《愛と死》世界初演(2017)など、その活動は多岐に渡る。
これまでに15枚のCDと2枚のDVDをリリース。第6回ホテルオークラ音楽賞、第18回出光音楽賞受賞。洗足学園音楽大学客員教授。

公演日
  • 2018年2月22日 (木)
時 間 14:00開演  13:30開場
会 場 大ホール
内 容 【ピアノ独奏】グラナドス:《スペイン舞曲集》 より
              第5曲〈アンダルーサ〉 
【ギター独奏】タレガ:アルハンブラの思い出
【ピアノ独奏】ロドリーゴ:《3つの回想曲》 より
              第1曲〈公園の午後〉
【ギター独奏】トゥリーナ: セビリア幻想曲
【ピアノ独奏】グアスタヴィーノ:ソナチネ より 第1楽章
【ギター独奏】イルマル:《バーデン・ジャズ組曲》 より
             第1楽章 シンプリシタス

★即興コーナー  

【デュオ】パガニーニ:カンタービレ ニ長調
【デュオ】ピアソラ:タンティ・アンニ・プリマ
【デュオ】ロドリーゴ:アランフェス協奏曲


※曲目は都合により変更になる場合がございます。
チケット情報

10月21日(土)

全席指定1,000円
チケット購入
その他 6才〜 託児OK
お問い合わせ 相模女子大学グリーンホール 042-749-2200